ほっぺたニキビの治し方は化粧品選びから

ほっぺたのニキビを治すにはまず原因を理解することが大切です。原因を理解した上で正しい対策方法で治療していくことで、ほっぺたのニキビをキレイに治していくことが出来ますよ。一番簡単なスキンケアに使う化粧品選びを中心にポイントを見ていきましょう。

ほっぺたニキビの治し方は化粧品選びから > ほっぺたニキビの原因と改善方法【2017】

ほっぺたのニキビを治すにはまず原因を理解することが大切です。原因を理解した上で正しい対策方法で治療していくことで、ほっぺたのニキビをキレイに治していくことが出来ますよ。一番簡単なスキンケアに使う化粧品選びを中心にポイントを見ていきましょう。

ほっぺたニキビのせいでこんなに損!

心の叫びほっぺたニキビのせいで恋愛にも積極的になれない!!!


ほっぺたのニキビって場所的にもスゴい気になるし痛みや炎症を伴う事も多くて辛いですよね。でもほっぺたニキビの影響ってそれだけじゃないと思います。

①自分に自信が持てなくなってくる
②鏡を見る度に気分が憂鬱になる
③1日中ニキビの事ばかり考えてしまい充実しない
④自意識過剰になってきて目線が気になったり人前で話すのが苦痛になってくる
⑤恋愛にも悪影響が出てくる

などなど見た目の問題以外にも大きな影響をもたらすのがほっぺたのニキビの恐いところだと思います。特に好きな人ができて何とか恋に発展させたい!そんな風に考えている時にほっぺたのニキビは致命的ですよね。

周りを見渡せば自分より顔もかわいくてお肌がキレイな女性なんてたくさんいるし、気になるあの人が、

「わざわざほっぺたにニキビなんかがある自分の事を好きになるわけがない」と気持ち的にも暗くなってきてしまいます。

「自分は人生を普通に楽しむ事すらできないのか」

と思わず嘆きたくなります。でも一度きりの人生です。このままほっぺたニキビの改善を諦めるわけにはいきません。当サイトはそのような方に向けて私の経験も踏まえながらほっぺたのニキビを克服するための方法を紹介していきます。

どうして出来る?ほっぺたニキビの原因

ほっぺたはフェイスラインのUゾーンに属する場所で、大人になると肌荒れを起こしやすい場所と言われています。「ストレス」、「ホルモンバランスの乱れ」、「乾燥」がよく挙げられる三大原因です。どれもお肌の大敵、何回もどこかで見たり聞いたりしたことがある原因ですよね。

どの原因も大人になると引き起こされやすい要因なので、ほっぺたのニキビは大人ニキビに分類されることが多いんですね。ほっぺたはおでこや鼻ほど汗をかかない場所なので、中でも特に乾燥には気をつけましょう

また、ほっぺたのニキビを含む「大人ニキビ」「乾燥ニキビ」の2つはとても治しにくく、対処を誤って悪化させてしまいやすい事でも悪名高いです。悪化すると炎症がひどい状態になってしまったり、跡が残ったりしてしまいます。

どうしてそんな状況になってしまうのかと言うと、乾燥を大きな原因として発生するほっぺたニキビに対して合った化粧品を選択できないケースが多いからです。

洗顔で乾燥を悪化させてしまいほっぺたニキビの症状を繰り返してしまう事には特に注意してください。

そこで例えば、

乾燥肌を意識した洗顔といえばコレ!


のような洗顔料をほっぺたのニキビには使っていかなければ実はいけないんですね。


ニキビができたからといってあまり深く考えずにニキビ用化粧品を選ぶと、それが思春期ニキビケア・脂性肌用の化粧品で、ほっぺたニキビのお肌には刺激が強すぎて悪化の原因となってしまうことがあるんですね。

・薬局・ドラッグストアで何となく購入した化粧品を使ってスキンケアを行っているけど上手くいかなかった。
・かといって有名なプロアクティブを使ってみたけど自分には刺激が強くて合わなかった

もしかして心当たりはありませんか?

ほっぺたのニキビにはもっとニキビの元に優しく働きかける化粧品を使っていかなければならないんですね。

せっかく買ってしまったからといってそのままスキンケアで予防を続けていても正直改善は望めないかもしれません。事無きを得ることが出来れば良いのですが、一生ものになりかねないニキビ跡が残ってしまう可能性もあります。それだけは絶対に避けたいですよね。

クレーター、凸凹肌、シミ、色素沈着、赤みといったニキビ跡が残って重症化すると完治まで1年や2年という長い期間かかってしまうことにもなりかねません。


考え方としてはスキンケアで乾燥さえしっかりと対策しておけば、ストレスやホルモンバランスの乱れによる肌荒れもある程度防ぐことが出来るので一番効率的です。

ストレスやそれに伴うホルモンバランスの乱れは、どちらも男性ホルモンの作用で最終的に皮脂分泌を促進します。その際に保湿で毛穴がしっかりと働ける健康な状態に保たれていれば、毛穴に皮脂が詰まる事を防ぐことが出来るんですよ。


とはいえ生理前の吹き出物が大量発生する場合のように、女性ホルモンの乱れやストレスに根本原因があるケースは特殊と言えば特殊です。ストレスが酷すぎたり生理前になるとニキビの悪化が普通ではないという時には、スペシャルケアもあるのでこちらの記事も参考にしてみてください。⇒「イライラニキビを治すには?ストレスを減らすケアもある」「」

ではそろそろほっぺたのニキビを改善するための詳しい方法を見ていきましょう。

(炎症性の症状ではなく毛穴の皮脂詰まりによって起きる白ニキビが出来てしまったときの対処方法に関してはこちらのサイトが参考になります。→白ニキビに効く薬はこれ!一緒に行うスキンケアも紹介

ほっぺたニキビはこれで早く治したい!

ほっぺたニキビの改善のためにはお肌に潤いを保持させてバリア機能を育てる事が大切です。そのために洗顔の段階から頬の皮脂を必要以上に落とさない配慮が必要となります。

乾燥気味のお肌はただでさえ皮脂が不足していて水分が蒸発しやすい状態です。そのため、ニキビケアでいかにもイメージされるような強力な洗顔で皮脂汚れをゴシゴシと落とすのはよくありません。

スキンケアの方法だけではなく洗顔料選びの段階でも、必要な皮脂は保ちつつも毛穴の汚れをキレイにする優しい洗顔料を選択していく事がポイントとなってきます。しっかりと皮脂膜を保った上で、浸透感バツグンの保湿ケアで潤いをお肌に閉じ込めることでほっぺたニキビの根本的な処置へとつなげていくことが出来るでしょう。

有効な成分としては「抗炎症作用」を持ち肌に優しく働きかけながらもアクネ菌による炎症を落ち着かせるグリチルリチン酸がおすすめです。

プロアクティブのサリチル酸は大人の乾燥肌、敏感肌のほっぺたニキビには少し強すぎるかなと感じています。

ここまでがほっぺたのニキビを治すための基本となります。なかなか症状が改善していかない方の多くは、洗顔料選びの段階でほっぺたの乾燥ニキビには刺激が強すぎている事がほとんどなのでまずはその点をしっかりと対策していきましょう。


丁寧なスキンケア方法をこれ以上心がけるというよりは、使っている化粧品を大人の乾燥肌向けの優しい化粧品へと変更すると良かったですよ。私も一時はスキンケアの方法ばかり追求して蒸しタオルとか色々やっていましたが、化粧品を変更するほうが早かったです。。。

ほっぺたの乾燥にも配慮しながらケアできる「大人ニキビ用の化粧品」として人気が高い代表的な化粧品がこちらです。詳細をチェックして化粧品選びの参考にしてみてください。

ルナメアACのここがいい!

フジフイルムのルナメアACの中で特に気に入っているのは洗顔料です。刺激が強すぎる洗顔料はNGだけど、何か優しいだけで物足りない洗顔ってありますよね。

「ちゃんと毛穴汚れ取れたのかな?」って。

でもルナメアACの洗顔フォームは泡洗顔の中に実は糸状のスクラブが絡められていて、優しくもしっかりと毛穴汚れを落としてくれるんですね。

最初スクラブって聞いた時はプロアクティブの事が頭をよぎったけど、ルナメアACのスクラブは植物繊維でできていて全然ものが違いました!

化粧水に関しては私は乾燥がひどかったので、出来ればトライアルでもノーマルタイプよりしっとりタイプを多くして欲しかったなというのが不満でしたが、リピートする時に選び直せば良いだけなので細かい事は気にしないっと♪

私としてもニキビ用の化粧品なんて大人も学生も変わらないなんて思ってた時よりホント成長したなって思います(笑)

色々なきっかけをくれたルナメアACには感謝です!


食事・運動・睡眠・ストレスといった生活改善ばかりに取り組んでいたけど改善されなかった日々も今では悔しいけど思い出と言えば思い出です。
(ほっぺたでも左頬だけ、右頬だけのように片頬だけニキビができる場合には寝具の衛生環境に気を付けてダニやマラセチア菌、雑菌が繁殖しないように注意することは大切です。)

肝臓に負担をかけるとほっぺたはニキビができやすいとかで、大好きだったお酒も我慢してましたからね。

暴飲暴食をするわけでもないのに胃腸に気を使ったり、過度なダイエットをしたり、野菜や果物ばかりにしたりというのは逆効果な感じもします。

内蔵や皮膚を構成するタンパク質を中心にバランス良く幅広い栄養素を摂ることが何より大切だと思います。

下手に食生活の改善にこだわるくらいなら、ビタミン群や乳酸菌のサプリメントでカバーした方が早いですよね。


ルナメアACは特に洗顔料が人気で、ほっぺたニキビのケアで多くの人が躓きがちな優しくもしっかりしている洗顔料という条件をしっかりと満たしています。

洗顔で失敗するとその後の保湿ケアは蒸発するだけでほとんど意味が無いものになってしまいかねません。せっかくスキンケアを行っているのに意味が無いなんてとても受け入れられないですよね。

スキンケアをしているのに悪化が止まらないのはほっぺたニキビに悩む多くの方が経験している事だと思います。そんな悪循環から抜け出し、毎日のセルフケアが美肌へとつながるようにまずは洗顔料選びから見直してみると良いかもしれません。

コスメによる予防ケアが安定してくると皮膚科で処方してもらえる治療薬も活きてきます。症状と肌質に良く合ったスキンケアでほっぺたの角質汚れを落として保湿もして、その上で、ダラシン、アクアチム、ゲンタシンといった抗生物質の塗り薬や、オロナイン、ペアアクネクリーム、ビフナイト、クレアラシル、テラコートリルといったドラッグストアの市販薬を使うと盤石です。
(白ニキビには角質剥離作用を持つディフェリンゲルかベピオゲルが効き目があります。)

ルナメアACの洗顔料をチェックする!

ほっぺたのニキビが治ったら

「最後に心から満面の笑みになったのはいつですか?」

今あなたを悩ませているほっぺたのニキビが治ったら、失っていた自分への自信を取り戻すことができますよね。

いつの間にか控えめになっていた笑顔も、マスクで隠したりせず下を向いたりせず堂々と咲かすことが出来るようになると思います。

ファンデーションやコンシーラーでほっぺたニキビを隠すためのメイクを頑張りすぎて、厚化粧っぽくなったり崩れて酷い顔になったり、、、なんて日々も終わりです。

生まれ変わった自分ならもっともっと恋愛に積極的になれるかもしれないしし、そんなあなたは気になるカレにとってもきっと魅力的な存在にうつりますよ。

今が一番大変な時かもしれませんがもう大丈夫ですよね。ほっぺたのニキビを治すために大切な化粧品の特徴はつかめたと思います。今日がほっぺたニキビが一番悪い日と位置づけましょう。

そして明日から適切な化粧品で右肩上がりに症状を改善させていくことを目指しましょう。お肌がキレイになったところをイメージしながらまずはスキンケアに使っていく化粧品選びからです。

ほっぺた・フェイスラインのニキビにはこの洗顔!